ログイン

「その請求書、
適格請求書ですか?」

バクラクならインボイス制度にも対応!

バクラクシリーズを活用すると
インボイス制度や電子帳簿保存法への対応と業務効率化を
同時に実現!

インボイス制度とは

インボイス制度とは、2023年10月より開始される消費税に関する新しい仕入税額控除の方式です。
受け取った請求書や領収書が、適格請求書(インボイス)でないと、請求書等を受け取った側で仕入税額控除が受けられず、納税額が増加してしまいます。

適格請求書とは

適格請求書とは、請求書を発行する売り手が、請求書を受け取る買い手に対し、正確な適用税率や消費税額等を伝えるためものです。
適格請求書は、税務署長から登録を受けた「適格請求書発行事業者」しか交付することができず、

また、課税事業者しか「適格請求書発行事業者」にはなれません(免税事業者は適格請求書を発行できません)。

10分でわかる!インボイス制度

インボイス制度の全体像や売手側・買手側の対応の違い、
インボイス制度で経理業務がどのように変わるのかなどを
わかりやすく解説しています

インボイス制度が業務に与える影響

インボイス制度において、適格請求書発行事業者は、請求書発行側(売り手)と請求書受取側(買い手)

それぞれの立場で異なる対応が求められます。

売り手側

買い手側

インボイス制度対応

実は、請求書受取側が特にタイヘン!

適格請求書の発行に関しては、原則として自社で管理できる業務であるため、事前の準備で対応できるものの、
受け取る請求書や領収書のフォーマットはバラバラであり、自社でコントロールできないため、
確認等の対応工数は多く、継続的な対応が求められます。

適格請求書か どうかの確認がタイヘン

適正な適格請求書でないと仕入税額控除を受けられないため、受け取った請求書等の確認が必要となります

電子帳簿保存法に 準拠した保存がタイヘン

請求書を電磁的な方法により受け取った場合、電子帳簿保存法に準拠した形式での保存(電子保存)することが求められます

取引先への確認や免税事業者の対応がタイヘン

仕入税額控除への影響額や、取引先とのコミュニケーションを取るために、取引先が免税事業者か適格請求書発行事業者になるか等の確認をすることが求められます

経費精算に関する 社内周知がタイヘン

立替経費精算に関しても、適切に仕入税額控除を受けるために、役職員に対し、適格請求書の回収や必要な情報を添えて経費精算等の申請をすることを促す必要があります。

バクラクはインボイス制度に対応!

法対応を業務効率化を同時に実現!

インボイス制度に対応した機能を今後も開発予定!

インボイス制度対応をご検討の方必見!

お役立ち資料 無料ダウンロード

インボイス制度による”請求書受取業務”の影響まるわかりガイド

5分でわかる!

バクラクシリーズ総まとめ

バクラク請求書

サービスご紹介資料

バクラクではインボイス制度に対応した機能を今後も開発予定!