ログイン

「SaaSは機能だけではなく “チーム”、“ビジョン”、 “開発スピード”の総合力で選ぶべき」急成長ウェルネス企業TENTIALが実現した、工数87.5%削減の「バクラク請求書」活用術

バクラク導入事例:株式会社TENTIAL

楽天ランキング1位を獲得した「TENTIAL INSOLE(テンシャル・インソール)」をはじめ、リカバリーサンダル「HAITE」、高機能マスク「TENTIAL MASK」、スリープウェア「BAKUNE DRY」など複数のウェルネス D2C ブランドを展開する株式会社TENTIAL。 

先月の5億円の資金調達時にECモール事業の参入も発表するなど、新たなビジネスを創造しながら非連続な成長を続けています。 

そんな同社のコーポレートチームが掲げるビジョンは「世界一かっこいいバックオフィス」。様々なSaaSを活用し、事業が拡大や複線化にも耐えられるように業務の効率化や自動化を進めています。 

今回はそんな同社の業務効率化の要を担っているバクラク請求書について、導入の背景や効果をCFOの酒井さんに伺ってきました。

 <サマリー> 
・課題はワークフロー未整備による請求処理の手入力業務
・OCRや自動仕訳などの機能に加え「開発スピードが速いこと」が決め手で
バクラク請求書を導入
・丸2日かかっていた月末の請求業務が、2~3時間に短縮化

請求書の確認と入力作業を地道に行うスタートアップCFOのリアル

ー 本日はよろしくお願いします。TENTIALさんの事業や酒井さんの業務内容について教えて下さい。
 

酒井さん: 弊社は「スポーツと健康を循環させ、世界を代表するウェルネスカンパニーを創る」をビジョンに掲げ、アスリートが納得する品質の健康関連製品を広くお客様に届けるべく、D2CやECモール事業を展開しています。

私自身はCFOとしてコーポレート部門を管掌し、採用、経理、労務といった業務からITインフラ整備など社内情シスのような仕事も担当しております。立場的にはディレクションがメインですが、自分でコードを書いたり、業務フローを構築したりもしています。

ー バクラク請求書導入前の請求書処理フローと課題について教えて下さい。

酒井さん: 導入前は、社員がメールやSlackなど様々な経路で受け取った請求書をクラウドに都度アップロードし、それを経理メンバーが確認するというフローでした。

支払申請もフローは特に整備していなかったので、アップロードされている請求書は受理して良いのか、すでに処理済みではないのかなどの確認と判断にかなりの時間を費やしてしまっていたのが当時の大きな課題でした。

stories_tential_01
 
また、受理した請求書を確認しながら新規取引先の登録や仕訳も手作業でやっていたので、請求書が増えれば増えるほどその業務も増えていき、付加価値的な業務に時間を使えていませんでした。「できることなら自動化したい…」と思っていたときに、バクラク請求書に出会いました。
 
ー それは大変そうですね…ちなみに当時の請求書の枚数や確認にかかる時間はどれくらいだったんですか?
 
酒井さん: 請求書は月間で100枚ほどでしたね。1枚1枚確認するので、月末に請求書関係の業務だけで丸二日間くらいはつぶれていました。
 

トライアルでOCRの精度に感動。導入に踏み切る

ー 本契約前にトライアルをされていたかと思うのですが、使ってみての印象はいかがでしたか。
 
酒井さん:まず、表示速度やUIなど使い勝手の良さに感動しました。機能が良くても管理画面が重くてストレスになるSaaSは多いので、その辺は流石だなと。
 
あとはやっぱりAI-OCRですね。今まで手作業で時間がかかっていた仕訳や支払データが一瞬で読み込まれて感動し、すぐに導入を決めました。
 
LayerX社のCSの方とお話することで具体的にどう業務フローに乗るかもイメージできたことも大きかったですね。バクラク請求書に加えてバクラク申請も導入し、このタイミングで支払申請のフローも整備しました。
 

丸2日かかっていた月末の請求業務が、2~3時間に短縮化

 ー バクラク請求書がどういう風に役立っているかを教えてください。
 
酒井さん:請求書の受け取りから振込をするまでの流れが一気通貫しているところが役にたっており、業務にインパクトを与えているなと感じます。
 
具体的には今まで人の手で確認していた請求書がOCRで読み込まれ、仕訳のCSVとして出力し、それを基に振込データを作成して振込が完了する。ここの流れがバクラク請求書によってすごくスムーズになりました。
 
一連の業務のどこか一部分だけ機能対応しているSaaSは他にもあるのですが、すべてカバーしていて業務間の流れもスムーズなところが気に入っています。
 
stories_tential_02
 
ー 実際にどれくらいの工数削減になりましたか?
 
酒井さん:今までは毎月の月末の請求業務で丸2日間ほどはかかっていたのですが、バクラク請求書を入れてからは2~3時間で終わるようになりました。
 
事業が拡大を続けているので請求書の枚数もどんどん増えているのですが、請求書が増えても業務にかかる時間を増やさなくて済むのがありがたいことだと実感しています。
 

機能の良さだけではなく”チーム”や”開発スピードの速さ”も魅力

ー 機能以外のところでバクラクシリーズの良いところなどはありますか?

酒井さん:サポート面と開発面ですかね。担当についていただいているカスタマーサクセスのご担当者が優秀で、毎回のお打合せがすごく楽しいです。Slackでちょっとした質問にもすぐに返事をいただけて、ありがたいなと。

そして、何より機能アップデートされるスピードが物凄く速い。

機能要望に対するレスポンスが早い企業は他にもあるかと思うのですが、バクラクの場合は実際に弊社から要望をあげて1週間と経たないうちに元々の要望を超えるような機能にアップデートされていたりするので、そこも他のSaaSにはない体験だなと感動を覚えています。

stories_tential_03

こういったSaaSを検討するときにAI-OCRや自動仕訳、会計システムとの連携など機能面を見て比較検討される方が多いかと思いますが、個人的には何より「アップデートのスピードが速いか」を大事にしていて。

SaaSはサービスの性質上どんどん進化していくので、現時点での機能だけで見るのではなく、開発チームや担当のSales、CSが信頼できるかや、「今後どういった世界を実現していきたいと考えているのか」といったその企業の思想面も加味して自社に合うところを選ぶべきだと考えています。

その点、LayerXさんは皆さん人柄も良いですし、先ほど申し上げたとおりすごい開発スピードなので、選んでよかったなと本当に思いますね。

ー ありがとうございます!「SaaSはプロセスがプロダクト」というのは弊社も意識しているところではあるので、その点もご評価いただき嬉しいです。

“世界一かっこいいバックオフィス”を目指し、今後も自社の経済活動をLayerXに集約していく

ー 最後にLayerXへのメッセージや酒井さんが今後目指していきたいところなどあればお願いします!
 
酒井さん:冒頭でお話させていただいた「世界一かっこいいバックオフィスを作る」というチームビジョンの「かっこいい」には、「最高品質」「同じような単純作業を繰り返さない」「作業を資産化し、会社の価値につなげる」といったニュアンスを込めています。
 
そしてバクラク請求書やバクラク申請はまさにそのビジョンを実現してくれるプロダクトだと思っており、組み合わせて使うことで単純作業からの解放、業務の資産化につながっています。
 
先ほど、LayerXさんを選んだ理由としてメンバーの優秀さや開発力の強さを挙げましたが、何より私自身が「すべての経済活動を、デジタル化する。」という御社のミッションに非常に共感しているという点もお付き合いさせていただいている理由です。
 
今のフェーズから上場準備を進めていくために更なる業務効率化や内部統制は必須だと思っており、そこのカギを握るのがLayerXだとすら思っています。今後も引き続き、TENTIALとしての経済活動の集約をLayerXさんに担っていただけると嬉しいです。
 
stories_tential_04
 
ー 酒井さん、本日は貴重なお話をありがとうございました!

社名  株式会社TENTIAL
業種  IT・インターネット