法人カードとは?種類やコーポレートカード・ビジネスカードの違いを解説

法人カードは、企業規模や用途に合わせて3種類に分かれています。それぞれ特徴を理解し、最適な法人カードを選ぶことで、より効果的に法人カードを活用できます。この記事では、法人カードの概要や種類、特徴、コーポレートカードとビジネスカードの違いなどについて分かりやすく解説します。

法人カードとは?種類やコーポレートカード・ビジネスカードの違いを解説

バクラクビジネスカード

利用料無料、即日追加発行、最大2億円決済可能になる柔軟な与信枠。ご利用用途ごとに従業員へ何枚でも発行可能。

法人カードとは 

法人カードは、法人や法人の代表者、個人事業主に対して発行されるクレジットカードです。プライベートで使用する個人向けクレジットカードとは異なり、法人カードは事業用に使用することが目的です。一般的に法人カードは法人名義の口座が利用でき、事業用の支払いを集約することができます。ただし個人事業主の場合は、法人名義での口座は開設できないため、屋号付きの口座や個人口座からの引き落としとなります。

個人カードと法人カードの違いについては、こちらの記事もご覧ください。
「経費精算するときの個人カードと法人カードの違い」

法人カードの種類

法人カードには大きく分けてコーポレートカード、ビジネスカード、パーチェシングカードの3種類があります。

 

コーポレートカード

ビジネスカード

パーチェシングカード

発行対象

大手企業向け

中小企業の社員や個人事業主向け

企業全般

カード名義

個人名義

個人名義

任意の名義(法人、部署、事業所、経費科目など)

利用目的

企業の経費全般の支払い

企業の経費全般の支払い

BtoB購買活動
特定の固定費の支払い

コーポレートカードとビジネスカードは、どちらも企業の経費全般の支払いを目的としたカードです。さらにカード会社によっては、法人口座から引き落とされる「会社決済型」と個人口座から引き落とされる「個人決済型」を選べる場合があります。2つのカードの違いについては、次節で詳しく説明します。

パーチェシングカードは、コーポレートカードやビジネスカードとは異なりサプライヤーとの企業間取引(BtoB決済)に利用されるクレジットカードです。

パーチェシングカードに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
「パーチェシングカードとは?コーポレートカードとの違いも解説」

コーポレートカードとビジネスカードの違い

一般的に、コーポレートカードは従業員が20名以上の大手企業向け、ビジネスカードは従業員が20名以下の中小企業や個人事業主向けとされています。ただしコーポレートカードとビジネスカードの発行対象は、従業員数で明確な線引きはなく、カード会社によって異なります。

コーポレートカードとビジネスカードでは、機能面に大きな違いはありません。しかしカードの発行対象となる企業規模の違いから、利用枠の大きさや追加カードの発行枚数の上限などが変わってきます。コーポレートカードは、社員数の多い大企業を対象としているため、ビジネスカードに比べ利用枠が大きく、発行できるカードの枚数が多い傾向があります。ただしビジネスカードであっても、利用回数・金額が高く、支払いに滞りがなければ利用可能枠を広げられる可能性はあります。またカード会社によってはビジネスカードであっても、カードの発行枚数が多いものもあります。

法人カードの活用方法

企業や個人事業主が法人カードを導入する理由としてよくあるものが、「経費業務にかかる工数を減らすため」です。法人カードを導入すると、経費管理が飛躍的に効率化します。例えば会計ソフトと連携すれば手入力などの労力が減り、生産性の向上にも繋がります。また法人カードの利用枠を活用することで、キャッシュフローの改善効果も期待できます。

法人カードの活用によるメリットについて、以下の記事で詳しく解説しています。
「法人カードのメリットとデメリット」

法人カードを導入するときの注意点

自社に合わない法人カードを選んでしまうと、使いづらく思ったような活用ができません。目的や使い方に合わせたカードの導入を検討しましょう。また法人カードの中には、キャッシング機能や分割払い、リボ払いなどに対応していないものがあります。これら機能の利用を想定している場合は、事前に確認が必要です。

法人カードを導入する際の選び方について、詳しくは以下の記事をご覧ください。
「法人カードの選び方とポイント」

導入にあたっての準備も必要です。法人カードの導入時に運用ルールなどを定めなければ、返って経理業務の負荷が増す場合があるので注意しましょう。

<導入時に検討すべきルールの例>

・追加カードはどういう分け方で発行するか

・利用限度額をどうするか

・領収書の取り扱いをどうするか

・不正利用の対策やガイドラインをどうするか

バクラクビジネスカードの特徴

バクラクビジネスカードは、会社の規模に関わらず発行できる法人カードです。カードごとに利用限度額や支払先を設定できること、利用明細速報ですぐに支払状況を確認できる特徴があります。

これまではカード会社に連絡するしかなかったカード発行・停止手続きがWeb上で完結し、用途、部署ごとに何枚でも発行できることも特徴の一つです。カードは非発行型のバーチャルカードとリアルカードの2種類から選べます。

また、仕訳の自動作成機能や、一括アップロードした領収書と利用明細の紐づけ機能があるため、これまで対応が必要だった経費精算業務の負担を軽減できます。

バクラクビジネスカード

利用料無料、即日追加発行、最大2億円決済可能になる柔軟な与信枠。ご利用用途ごとに従業員へ何枚でも発行可能。