法人カードの名義に関する基礎知識

クレジットカードの名義人とは、カード会社からクレジットカードを貸与された会員のことです。その会員の名前はクレジットカードの表面か裏面に記載されます。これは法人のクレジットカードでも同じで、記載される名前は法人名や部署名ではなく個人の名前になるのが一般的です。

この記事では、法人カードの名義や社員が使う場合、名義人が変わる場合はどうすればよいかについて解説します。

法人カードの名義に関する基礎知識

バクラクビジネスカード

利用料無料、即日追加発行、最大1億円決済可能になる柔軟な与信枠。ご利用用途ごとに従業員へ何枚でも発行可能。

法人カードの名義は会社名ではなく個人名

コーポレートカードやビジネスカードの法人カードの名義は、会社名ではなく個人名になります。つまり、申し込みを行った法人の代表者や個人事業主本人の名前が券面に刻印されます。
なかには、個人名と一緒に会社名が記載される法人カードもありますが、その場合でも名義は個人名であることに変わりありません。

名義が個人名になるのは、法人カードは企業に対して発行するものではなく、使用する個人に対して発行されるためです。
そのため、カード裏の署名はもちろん、カードを使用したときに求められるサインも、会社名や部署名ではなく法人カードの使用者本人の名前になります。会社名や部署名でサインすると、誰が何に使ったか追跡できなくなるから、という理由もあります。

ちなみに法人カードで支払った場合の引き落とし口座は、原則、使用者の個人口座ではなく会社の持つ法人口座です。ただし個人事業主の場合は個人の口座になります。

法人カードの使いまわしは可能?

法人カードといっても、社内でひとつの法人カードを使いまわすことはできません。名義人以外の人が法人カードを使用することは各カード会社の規定で禁止されています。規定に違反すると、クレジットカードの使用が停止される可能性があるほか、補償や付帯サービスが受けられなくなります。

社員にカードを持たせる場合の名義は?

法人カードの名義人以外の社員がカードを使用したい場合、追加カードを発行します。追加カードの名義も社員の個人名です。追加カードでも、原則として名義人以外の使用は規則違反になります。

▼追加カードの発行については、こちらの記事で詳しく解説しています。
「法人カードの追加カードを発行するメリットと活用方法」

法人カードの名義変更やカード使用者を追加する際の手続きについて

法人カードの使用は、名義人本人に限られています。カードを使用する人が変わったり増えたりする場合は、それぞれ名義変更や追加発行手続きが必要です。

法人カードの名義変更をする場合

法人カードの名義変更をする必要があるケースは、代表名義人である社長交代や、結婚等によって個人の名字の変更があった場合などです。

社長の交代をはじめとした理由で、法人カードの代表者名義を変更する場合は、加入している法人カードのサポートデスクなどに連絡したうえで、所定の変更届に必要事項を記入して提出します。場合によっては、改めて申し込みをし直さなければいけないこともあるため、スケジュールに余裕を持って確認することが大切です。

▼代表者の交代などによって法人カードの名義変更を行う場合の流れについて、こちらの記事でも解説しています。
「退職時の法人カードの取り扱いと注意点」

カードの使用者が増える場合

社内でカードを使用する人が増える場合は、カード会社に連絡し、その人の名義で追加カードの発行手続きを行う必要があります。

カード会社によってはカードの発行枚数の上限が定められている場合があります。あらかじめカードを発行しうる枚数を想定し、法人カードの契約前に発行枚数上限を確認しておくとスムーズです。
なお、バクラクビジネスカードは、カード発行・停止手続きがWeb上で完結し、用途、部署ごとに何枚でも発行できます。

バクラクビジネスカード

利用料無料、即日追加発行、最大1億円決済可能になる柔軟な与信枠。ご利用用途ごとに従業員へ何枚でも発行可能。