法人カードの申し込み方法と必要書類

法人カードの申し込み方法には、インターネットと郵送の2種類があります。必要な書類は基本的に同じですが、インターネットのほうが資料請求・送付の手間と時間が省けます。この記事では、法人カードの申し込み方法と必要な書類について解説していきます。

法人カードの申し込み方法と必要書類

バクラクビジネスカード

利用料無料、即日追加発行、最大2億円決済可能になる柔軟な与信枠。ご利用用途ごとに従業員へ何枚でも発行可能。

法人カードの申し込み方法

法人カードの主な申し込み方法は、インターネットか郵送の2つです。ただし、法人カードには種類があり、加入条件を満たしていない場合は申し込みできないケースもあります。カード会社にもよりますが、たとえば入会資格を中小規模の法人代表としている場合、個人事業主では申し込むことができません。

インターネットで申し込む

インターネット経由の申し込みは「オンラインフォーム入力」「入会審査」「カード発行・利用開始」の3つのステップで行われます。個人事業主から法人の代表までが申し込め、申し込みから利用開始までは2~3週間程度です。

オンラインフォーム入力後、入会審査の前に本人確認書類等の提出が必要になります。本人確認書類の提出方法には、オンライン上でデータ提出する方法と、郵送とがあり、どちらになるかはカード会社によって異なります。データで提出する場合、画像が明瞭なスキャンデータ等を用意しておくと、手続きがスムーズです。

審査の内容は公開されていませんが、代表者個人の信用情報や会社の実績などを踏まえて進められます。審査に通ると、メール等で連絡があり、3~7日程度でオンラインフォームに入力した住所宛にカードが届きます。

郵送で申し込む

郵送の申し込みをしてからカードを利用開始するまでには、「カード会社に申し込み用紙を請求」「申込用紙に必要事項を記入」「申込用紙・必要書類を返送」「入会審査」「カード発行・到着」の5つのステップがあります。郵送の場合も、申し込む人は個人事業主もしくは法人の代表などです。

申し込み用紙請求と返送の工程が増えるため、インターネットと比べて、最短でも5~7日程度の時間がかかる可能性があります。郵送で申し込んだ場合も所定の審査はあります。

法人カードの申し込みに必要な書類

カード会社にもよりますが、法人カードの申し込みには、個人事業主または法人代表の本人確認書類のほか、6カ月以内に発行された登記簿謄本の写しなどの書類が必要です。ただし、代表者の本人確認書類のみで審査が可能な場合は「法人情報」の書類は不要です。

法人情報

(いずれか1点)

登記事項全部(一部)証明書、登記簿謄本、印鑑証明書など

※発行から6か月以内の原本またはコピー

本人確認書類

(いずれか1~2点)

運転免許証、顔写真付きのパスポート、個人番号(マイナンバー)カード、住民基本台帳カード、在留カード、住民票の写し、各種健康保険証など

※コピー可

 

追加カードやETCカードの申し込みについて

法人カードは、カードに名前の記載がある名義人しか利用できないため、名義人以外の個人が利用する場合は、追加でカードを発行します。追加でカードを申し込む際には、法人カードの発行時に一緒に申し込むか、発行済みであればカード会社に連絡して申込書類を案内してもらいます。

ETCカードの申し込みも基本的には追加カードと同じです。カードの発行時か、カード会社に連絡して申し込みます。

バクラクビジネスカードの特徴

バクラクビジネスカードは、会社の規模に関わらず発行できる法人カードです。カードごとに利用限度額や支払先を設定できること、利用明細速報ですぐに支払状況を確認できる特徴があります。

これまではカード会社に連絡するしかなかったカード発行・停止手続きがWeb上で完結し、用途、部署ごとに何枚でも発行できることも特徴の一つです。カードは非発行型のバーチャルカードとリアルカードの2種類から選べます。

また、仕訳の自動作成機能や、一括アップロードした領収書と利用明細の紐づけ機能があるため、これまで対応が必要だった経費精算業務の負担を軽減できます。

バクラクビジネスカード

利用料無料、即日追加発行、最大2億円決済可能になる柔軟な与信枠。ご利用用途ごとに従業員へ何枚でも発行可能。