ログイン

【上場を目指すスタートアップ必見】
スタートアップがバクラクシリーズを選ぶ理由と事例解説セミナー

セミナー概要

多くのスタートアップ企業では、属人的な経理業務に手間と時間が掛かっており、
上場を目指す上で、事業拡大を見据えた経理基盤を整える必要があります。

中には、経理一人だけで業務を行なっており、カオスな状態になっているケースもあります。
そのようなスタートアップはどのようにして、経理基盤を整えていったのでしょうか?

今回は、スタートアップ向けに
・スタートアップが直面するバックオフィスの課題
・カオスから脱却し経理基盤を整えた事例
・バクラク請求書がスタートアップから選ばれる理由、導入事例

について紹介するセミナーを開催いたします。

実際に導入いただいている企業にはスタートアップが多いです。
本セミナーで、上場を目指すスタートアップとバクラクとの相性について分かりやすく解説いたします。

タイムテーブル

前半パート

上場を目指すスタートアップがバックオフィスで直面する課題

後半パート

スタートアップがバクラクシリーズを選ぶ理由と、バクラクが解決できる課題について

Q&A

ご質問へのご回答

登壇者

簗 隼人

公認会計士

有限責任監査法人トーマツにて上場企業の会計監査、
内部統制監査、IPO支援等に従事。その後、東証上場のアライドアーキテクツ株式会社に入社し、経理・財務業務に携わった後、執行役員として経営企画・コーポレート部門を管掌。
2019年より、シンガポールの
スタートアップでCFOとして資金調達、事業開発等に従事。
2022年に株式会社LayerXに入社し、経理業務の効率化や
企業のDX推進のために、社内のあらゆるチームと連携し、付加価値の高いサービス提供のために尽力しております。

お申込

下記より申込後、10分以内に申込完了 & 視聴URL送付 メールを送付いたします。