ログイン
公認会計士が答える!インボイス制度、電子帳簿保存法 業務フローに合わせた対応方法の個別相談会

お申込

先着10名を持ちまして、お申込みを終了とさせていただきますのでご了承ください。

個別相談会概要

インボイス制度や電子帳簿保存法について、概要を理解できる情報は多くありますが、「実務における具体的な対応方法や気をつけるべき点がわからない」「社内や社外の取引先に対し、いつまでに、どのようなアクションを取るべきかわからない」などの声を多くいただきます。
そこで今回は、インボイス制度、電子帳簿保存法に対しての、具体的な対応方法について公認会計士に直接相談できる個別相談会を企画いたしました。10社限定での開催ですので、是非お早めにお申込みください!

講師

簗 隼人

公認会計士・インボイス制度アドバイザー

有限責任監査法人トーマツにて上場企業の会計監査、
内部統制監査、IPO支援等に従事。その後、東証上場のアライドアーキテクツ株式会社に入社し、経理・財務業務に携わった後、執行役員として経営企画・コーポレート部門を管掌。
2019年より、シンガポールの
スタートアップでCFOとして資金調達、事業開発等に従事。
2022年に株式会社LayerXに入社し、経理業務の効率化や
企業のDX推進のために、社内のあらゆるチームと連携し、付加価値の高いサービス提供のために尽力しております。